開発者の想い

アフロートドッグは、動物病院とトリミングサロンのノウハウの融合体です。

トップヘアメイクアーティスト 
美容室「AFLOAT」代表 宮村 浩気

有名女優やトップモデルから絶大な支持を受けているカリスマ美容師、宮村浩気氏。美容業界イ チの愛犬家でもある彼によって、「愛犬をもっとやさしく、もっとキレイに」というコンセプトで誕生したのが「AFLOAT DOG」です。髪の毛と地肌のプロとして知識と経験を最大限に生かして開発に携わり、ヒト用のものに負けない、最高級の美犬ヘアケアアイテムを開発。美容師としての才能と愛犬への愛情をいかんなく注ぎ込んだ‟作品”になります。

プリモ動物病院 練馬 院長・動物アレルギー医療センター センター長
日本獣医皮膚科学会 認定医  川野 浩志 獣医師

犬のスキンケアは、女性のスキンケアと同じで、「洗う」「潤す」「補う」の3つです。
「洗う」 :汚れは、界面活性剤配合のシャンプーで、細菌は抗菌成分が配合されたシャンプーで、油はクレンジングオイルで落とす必要があります。何を目的に洗うのか。それにより使用する種類も変更することが重要です。
「潤す」:シャンプー療法後には保湿成分が流出してしまい、皮膚が乾燥してしまいます。シャンプー後には保湿剤で潤すことが大切です。
「補う」:原因として不足している成分や保湿した成分が逃げ出さないようにカバーする必要があります。 薬用シャンプーをしても効果がない、ベタベタが取れないという際に、皮脂が原因になっている場合が多いです。本当に正しい犬のスキンケアを行うためには、クレンジング→シャンプー→保湿剤の3つのラインナップが大切です。 犬の皮膚の状態に合わせてこれらを効率よく組み合わせてシャンプー療法を行うことで、アトピー、アレルギー、脂漏症などの治療の一助になっています。

獣医学博士 
アジア獣医皮膚科専門医協会認定レジデント 伊從 慶太 獣医師

犬においても、人と同様にスキンケアの重要性が再認識されています。私たちが自分自身の頭髪やスキンケアを行うときは、髪はこのシャンプーを使って、保湿のトリートメントをして、顔はこれで洗ったあとに美容液を塗って…といったように用途に合わせて様々な製品を組み合わせて使っています。犬では特定のシャンプー剤のみでスキンケアを行う傾向がありましたが、それだけで理想のスキンケアを達成することは難しい面もありました。
今回の開発した『AFLOAT DOG VETシリーズ』は、クレンジング、シャンプー、保湿剤と段階の構成になっており、人と同じように肌質、毛質に合わせて自由に組み合わせて使用することのできるものであり、また皮膚のバリア機能の改善が期待できる製品です。